ギター演奏に役立つ音楽理論

音楽理論を少しだけでも理解していると、ロックギタープレイに独自の応用が効くようになるよ
アドリブもガンガン弾けるようになるかも

Chord progression コード進行

コード進行については作曲時にテクニックとして使える知識が多いですが、ロックギタープレイヤーとしてこれは知っておきたいという代表的なものを紹介します。

スリーコード進行

トニック→サブドミナント→ドミナント→トニックに戻る、またはトニック・サブドミナント・ドミナントだけで構成されたコード進行で、ロックのみならず色んな音楽で最も基本的な形です。
特にパンクロックではこのスリーコード進行でシンプルに作られた曲が多く、耳コピも簡単なのでバンド初心者が最も取り組みやすいものの一つと思います。

  A                D                E                A
1|5---------------|5---------------|7---------------|5---------------|
2|5---------------|7---------------|9---------------|5---------------|
3|6---------------|7---------------|9---------------|6---------------|
4|7---------------|7---------------|9---------------|7---------------|
5|7---------------|5---------------|7---------------|7---------------|
6|5---------------|----------------|----------------|5---------------|

ブルース進行

ブルースセッションなどでは当たり前のように使われるコード進行で、トニック・サブドミナント・ドミナントのスリーコードで構成されますが、全てのコードがセブンスコードを使用します。
12小節でワンコーラスとなり、12小節単位で循環してソロを回したりします。

  A7               D7               A7               A7
1|5---------------|5---------------|5---------------|5---------------|
2|8---------------|7---------------|8---------------|8---------------|
3|6---------------|5---------------|6---------------|6---------------|
4|7---------------|7---------------|7---------------|7---------------|
5|7---------------|5---------------|7---------------|7---------------|
6|5---------------|----------------|5---------------|5---------------|

D7               D7               A7               A7
1|5---------------|5---------------|5---------------|5---------------|
2|7---------------|7---------------|8---------------|8---------------|
3|5---------------|5---------------|6---------------|6---------------|
4|7---------------|7---------------|7---------------|7---------------|
5|5---------------|5---------------|7---------------|7---------------|
6|----------------|----------------|5---------------|5---------------|

  E7               D7               A7               E7
1|7---------------|5---------------|5---------------|7---------------|
2|9---------------|7---------------|8---------------|9---------------|
3|7---------------|5---------------|6---------------|7---------------|
4|9---------------|7---------------|7---------------|9---------------|
5|7---------------|5---------------|7---------------|7---------------|
6|----------------|----------------|5---------------|----------------|

カノン進行

クラシックの名曲「カノン」のコード進行で、作曲された当初はコード進行という概念はなかったそうですが、後に以下のようなコード進行であると解析されました。
ポップスやロックなどで同様のコード進行やこれにアレンジを加えたコード進行で作られた曲が数多く存在し、定番のコード進行となっています。

  A                E                F#m              C#m
1|5---------------|0---------------|2---------------|4---------------|
2|5---------------|0---------------|2---------------|5---------------|
3|6---------------|1---------------|2---------------|6---------------|
4|7---------------|2---------------|4---------------|6---------------|
5|7---------------|2---------------|4---------------|4---------------|
6|5---------------|0---------------|2---------------|----------------|

  D                A                D                E
1|5---------------|5---------------|5---------------|7---------------|
2|7---------------|5---------------|7---------------|9---------------|
3|7---------------|6---------------|7---------------|9---------------|
4|7---------------|7---------------|7---------------|9---------------|
5|5---------------|7---------------|5---------------|7---------------|
6|----------------|5---------------|----------------|----------------|

クリシェ

1つのコードが連続するときに、コード内のある音を半音または全音単位で動かすことをクリシェといいます。
ベースラインがクリシェとなったパターンはベースラインクリシェといいます。

  A                C#m              G                F#m
1|5---------------|4---------------|3---------------|2---------------|
2|5---------------|5---------------|3---------------|2---------------|
3|6---------------|6---------------|4---------------|2---------------|
4|7---------------|6---------------|5---------------|4---------------|
5|7---------------|4---------------|5---------------|4---------------|
6|5---------------|----------------|3---------------|2---------------|

  Bm               A                D7               E
1|2---------------|0---------------|2---------------|0---------------|
2|3---------------|2---------------|1---------------|0---------------|
3|4---------------|2---------------|2---------------|1---------------|
4|4---------------|2---------------|0---------------|2---------------|
5|2---------------|0---------------|----------------|2---------------|
6|----------------|----------------|----------------|0---------------|

ペダルポイント

コードが変わってもトップ・ノートやベース音で持続し続ける音をペダルポイントといいます。
ペダルポイントを使うとコードチェンジが滑らかな印象になります。
特にハードロックやヘビー・メタルでは、ギターリフでコード進行が変化しつつベース・ギターがペダルポイントでルート音を持続し続け重厚な雰囲気を演出するパターンも多く見られます。

EX)Deep Purple Highway Starのイントロでは、
ギターリフは G→F→C→F→Gと動くが、ベースはGを持続する
この場合譜面は G→F/G→C/G→F/G→G とオンコード表記となる