goblog

「Daddy, Brother,Lover,Little Boy / Mr. BIG」で目指せ!なんちゃって速弾きマスター!

まずはゆっくり弾けるように?正確に弾けるように?きれいな出音になるように?
うっせーうっせーうっせーわ!
とにかく速けりゃ速弾きです!(極・持論です)
正しい速弾きなんてない!速弾きの数だけ速弾きがある!
なんちゃって速弾き練習法で、てっとり早くなんちゃって速弾きでもいいから自分なりの速弾きをマスターしちゃおーぜ!

なんちゃって速弾きは「イチかバチか」

例えるならば

 

・コントロールは定まらないけど170kmの剛速球のピッチャー
・豪快なフルスイングで三球三振か場外ホームランのバッター
・ずーっとアクセル全開フルスロットルのクラッシュ上等なF1レーサー

 

つまり、気合で速く弾く!が基本です。

 

スケールがめちゃくちゃでもノイズだらけでも、スピード命!ミスしたって気にしない!だってなんちゃってなんだもん!
という開き直りスタンスでギターを弾くこと。

 

人間謙虚な気持ちは大事だと思いますが、ステージ上ではあなたが主役・わいがキングなんやー!って気持ち・気合で超絶なんちゃって速弾きをかませば、最低私一人を感動させることができるのです!

 

口ギター・ソロを弾く

気合で速く弾けとは言うものの、それではこのコンテンツも破綻してしまうので、私なりの速弾きマスターの「コツ」を、僭越ながら伝授させていただければと思う次第でございます。
まずは憧れのあの速弾きを、なんちゃってマスターするコツその1「口ギター・ソロ」。

ロバートのコントに「シャーク関口ギター・ソロ教室」というのがあるのをご存知でしょうか。
「シャーク関口」さんによる「ギター・ソロ教室」ではなく、「シャーク関」さんによる「口ギター・ソロ教室」です。

まさにこれ、速弾きギター・ソロを弾けるようになるコツです!

速弾きフレーズのコピーであれば、そのフレーズを口で弾けるようにすることで、そのフレーズを覚えちゃいます。
何を弾けるようになればいいのかを雰囲気で覚えちゃってるので練習も捗ります!

 

なんちゃって速弾きは「上手い」ではなく「上手そう」

最初から上手な人などいないし、最初から上手に弾こう・弾けるようになろうとするから上手くできない自分に苛立ち、やけになって酒や女に溺れて夜の街を徘徊し家に帰ってこなく鳴っちゃうのです。
だから結果的にギターもうまくならない。
「上手く弾く」のではなく「上手そうに弾けるようになる」ことを意識してください。

 

頭だけは合わせて間に音を詰め込め

小説頭だけきちっと押さえておいて、1小節の間に詰め込めるだけ音を詰め込んじゃいましょう。曲のテンポと大筋のリズムだけは意識して、とにかく速く!詰め込んだ後の次の小節頭では少しロングトーンにして緩急をつけてみたり。
ある意味これがなんちゃって速弾きの極意かも?

 

おいしいフレーズを手癖にしちゃう

「有名なあの曲のあのソロのあの部分」ってないですか?
そのおいしい部分だけいただいちゃいましょう。短いフレーズだけひたすら練習してそのおいしいフレーズだけはめっちゃ速く弾けるようになっちゃって、ギター持ってとりあえずなんか弾くとき思わずそのフレーズを弾いちゃう!ってくらいになれば、ギターソロ途中で「やばい失敗しそう!」って場面でも、手癖発動!なんかごまかせちゃうこともあります。

 

顔で弾く

これ結構大事です。なんちゃって速弾きなので「いかにも余裕で弾けてます!」って雰囲気を醸し出さなければいけません。
マジシャンが大げさで派手なステージアクションで不思議なイリュージョンを魅せますが、「さも凄いことがおこりそう」ってなるので、実はたいしたトリックじゃなくてもすごいと思っちゃう部分もあると思います。
ミスしても顔に出さない!「何か問題でも?」って顔で無かったことにしましょう。

 

なんちゃって速弾きコピー実践「Daddy, Brother,Lover,Little Boy / Mr. BIG」

 

1.口ギターでフレーズをざっくり覚えちゃおう

「テレレレ~」って感じで歌うのもいいですが、せっかくなんで適当に歌詞付けて歌いながら覚えちゃうのも楽しいですよ。
私はこんな歌詞を付けてみました。

 

焼肉食べたい焼肉食べたい焼き肉食べ放題
やーきにくを食べ放題

カルビもハラミもツラミも
焼き肉食べ放題焼き肉食べ放題
食べてもふとらない

カルビたれカルビたれつけ放題
塩ハラミ塩ハラミ焼き放題

焼き肉食べ放題食べ放題ビールは別料金

 

2.スコア見ちゃえ!運指はやりやすい方法でえーやん

「スコアを見るな耳コピしろ」なんてストイックなこと言う人いるけど、あんたはできるかもしらんが初心者に耳コピできるわけないやん!ですよね。
たくさん弾けるようになると自然と耳コピできるようになりますから、「耳コピできなきゃいけない」なんてことないです。

たいがい「○○でなければいけない」ってやつは嘘です。

ネット上こんなところやいろんなところにスコアがあったりしますが、気に入ったら課金してもいいんじゃないでしょうか?するかしないかはあなた次第です。

https://www.songsterr.com/a/wsa/mr-big-daddy-brother-lover-little-boy-tab-s29333

運指・指の使い方やフレットの場所も、必ずタブ譜と同じじゃなきゃいけないわけではないです。昔はスコアもタブ譜も間違いだらけで、信じて練習して変な運指になっちゃったーって人もいます。それはそれで個性的

な運指になっちゃったんなら全然オッケーだと思うんですけど。

オリジナルの通りに弾かなきゃすぐ死刑!という法律も自警団もありませんので、自分の引きやすいように弾いたらよいのです。

 

3.とりあえず覚えるしか無いか・・・

ゆうてもコピーの場合は覚えるのがしんどいってのがあります。私は覚えるのが超苦手でアドリブに走っちゃうタイプです。
覚えるの得意な人はさくさくっと覚えちゃうのでしょうけど、苦手な人はコツコツやるしかないですかね?
ただ覚え方のコツとしては、フレーズをパターンとして捉えて分解しちゃう。

ソロ出だしのこのフレーズ

1|------------------------------------------------|-------------------------------------------|
2|------------------------------------------------|-------------------------------------------|
3|21-19-17----16----------19-17-16----14----------|-------------------------------------------|
4|---------19----19-17-16----------17----17-16-14-|-------------------------------------------|
5|------------------------------------------------|19-17-15----14-----------------------------|
6|------------------------------------------------|---------17----17-15-14-12-----------------|

例えばこんな風に分解しちゃう

1|--------- |--------------- |--------- |--------------- |--------- |--------------------
2|--------- |--------------- |--------- |--------------- |--------- |--------------------
3|21-19-17- |---16---------- |19-17-16- |---14---------- |--------- |--------------------
4|--------- |19----19-17-16- |--------- |17----17-16-14- |--------- |--------------------
5|--------- |--------------- |--------- |--------------- |19-17-15- |---14---------------
6|--------- |--------------- |--------- |--------------- |--------- |17----17-15-14-12---

私の場合ですが、この形のほうが各セクションごとに手のポジションをちょっと移動させるんや!って意識すると割とスムーズに弾けるようになりましたので。
自分なりの弾きやすい・覚えやすい分解の仕方を研究するのも楽しいもんですわ。

ちなみにこの曲のソロ部分のキーはEmなので、ついでにEマイナー・スケールも覚えちゃえます。
もちろん他のキーのマイナースケールでもポジション変えて応用できますよね。

毎日「寝る前に1回だけ弾く」みたいな感じで日課として練習してるとちょっと時間はかかっても覚えられちゃうもんです。焦らずやりましょう。

 

4. 倍速で弾く!

教則本などで速弾きマスターのコツとして「ゆっくり弾けるようになってから速く弾こう」なんてことがよく書いてますよね。
それは確かにそうでゆっくり弾けるフレーズはスピード上げて速く弾けるようになります。
最初から速いスピードで練習してそれをゆっくり弾こうとすると実はちゃんと弾けてなかった!なんてこともあります。

だがしかし!ここはなんちゃって速弾きギター道場なので関係ないっす!

ある程度覚えて弾けるようになったなら、逆に、オリジナルの1.2倍~1.5倍くらいで弾く練習をしてしまえ!
スマホのアプリで倍速にしたり、youtubeの動画ならyoutubeプレイヤーの機能で倍速にできるので、倍速チャレンジをするのです。

youtubeだと設定(歯車アイコン)から再生速度変えられまっせ

もちろん、弾けるわけねーっす。でも弾くのです。弾けてなくても弾けてるつもりで弾くのです。開き直るのです。

まあ、あまり無理すると手を痛めちゃうのでほどほどでいいんですが、練習してみて「弾けてないけどなんとかついていけてるかも?」くらいになったら、オリジナルの速度で再度弾いてみましょう。

すると、あら!?めっちゃ遅いやん!なんか弾きこなせそう!ってなっちゃいますよ。
ドラゴンボールの重力修行・精神と時の部屋と同じ原理ですね!
これぞギター修行だ、いっちょやってみっかー!って感じでやってみてね!