goblog

意外と知らない?機械を使わないギターのチューニング

意外だったことが、最近のギター弾く人の中には機械を使わないチューニングできない人がいるということ。

 

私世代からするとギターの初歩の初歩の一般常識という感覚ですが、まさにジェネレーションギャップですやん。

 

というわけで、チューナーを使わないチューニング方法を解説してみようかと。

(といっても、各弦の音の高低がコードを鳴らしたときに合うようにする方法なので、チューナーで合わせるような440Hzジャストの周波数に合わせるのではないので、超絶絶対音感をお持ちでない場合は440Hzにきちんと合わせるにはチューナーが必要になります。)

 

半音下げチューニングや、昔の音源の微妙なチューニングに合わせるときはこの方法になりますね、たぶん。

 

5弦開放弦のAの音を基準に

一人で弾く分には自分の基準で5弦0フレットの音を決めればいいです。
バンドなど複数のギターやベースと合わせる場合は、とりあえず5弦Aの音をそれぞれ同じ高さに合わせます。
同時に音を鳴らしたときに、聴いた感じでずれてなければよいです、まあとりあえずアバウトでOK。

 

6弦をEにする

6弦5フレットの音が5弦0フレットの音と同じ高さなので、
6弦5フレットを押さえて5弦開放弦の音と聴き比べ、6弦の方のペグを回して音を合わせます。
6弦5フレットと5弦開放を同時に鳴らして気持ち悪くなければ、それで6弦はだいたいEになりました!
これで5弦6弦でのパワーコードは弾けます!

 

4弦をDにする

5弦5フレットの音が4弦0フレットの音と同じ高さなので、
5弦5フレットを押さえて4弦開放弦の音と聴き比べ、こんどは開放弦の4弦の方のペグを回して音を合わせます。
5弦5フレットと4弦開放を同時に鳴らして気持ち悪くなければ、それで4弦はだいたいDになりました!
4弦5弦のパワーコードはも弾けるようになったので、簡単なバッキングパートならだいたいできそう!
<>
 

3弦をGにする

同様に4弦5フレットの音が3弦0フレットの音と同じ高さなので、
4弦5フレットを押さえて3弦開放弦の音と聴き比べ、3弦の方のペグを回して音を合わせます。
4弦5フレットと3弦開放を同時に鳴らして気持ち悪くなければ、それで3弦はだいたいGになりました!
4弦は巻弦で3弦は巻弦ではないので若干響きが違うので、音があってるのかわかりにくいかもしれませんが、まあ気にせずに。

 

2弦をBにする

2弦はこれまでと違い、3弦4フレットの音と同じ高さになります。
3弦4フレットを押さえて2弦開放弦の音と聴き比べ、2弦の方のペグを回して音を合わせます。
3弦4フレットと3弦開放を同時に鳴らして気持ち悪くなければ、それで2弦はだいたいBになりました!

 

1弦をEにする

2弦5フレットの音が1弦0フレットの音と同じ高さなので、
2弦5フレットを押さえて1弦開放弦の音と聴き比べ、1弦の方のペグを回して音を合わせます。
2弦5フレットと1弦開放を同時に鳴らして気持ち悪くなければ、それで3弦はだいたいGになりました!

 

全体確認・微調整

何でもいいのでコードを鳴らしてみます。
きれいに鳴ってればOK!
なんか違和感を感じるときは、どこかがずれてます。もしくは全部ずれてます。
コードを押さえたまま6弦から順番に1本ずつゆっくりアルペジオで弾いてみて、「ポーン、ポーン、ポーン、ズコー!」って感じがあったら「ズコー!」の弦を調整しましょう。

 

ちなみにハーモニクス音を使ってチューニングを合わせる方法もあります。
ハーモニクス音だと開放弦で調整できるので2つの弦を同時に鳴らしながらペグを回して調整できるので合わせやすいかも。

 

5弦と6弦をあわせる

6弦5フレットのハーモニクス音が5弦7フレットのハーモニクス音と同じ高さなので、
6弦5フレットのハーモニクスを鳴らし、5弦7フレットのハーモニクスを重ねて鳴らし、ペグを回して音を合わせます。

 

5弦と4弦をあわせる

5弦5フレットのハーモニクス音が4弦7フレットのハーモニクス音と同じ高さなので、
5弦5フレットのハーモニクスを鳴らし、4弦7フレットのハーモニクスを重ねて鳴らし、ペグを回して音を合わせます。

 

4弦と3弦をあわせる

4弦5フレットのハーモニクス音が3弦7フレットのハーモニクス音と同じ高さなので、
4弦5フレットのハーモニクスを鳴らし、3弦7フレットのハーモニクスを重ねて鳴らし、ペグを回して音を合わせます。

 

3弦と2弦をあわせる

3弦と2弦はこれまでと違い、3弦4フレットのハーモニクスと2弦7フレットのハーモニクスは「同じくらいだけどちょっと違う」関係になります。
3弦4フレットのハーモニクスを鳴らし、2弦7フレットのハーモニクスを重ねて鳴らし、ペグを回して音をだいたい合わせてもいーんですが、ハーモニクスじゃない音での調整も加えたほうがいいと思います。

 

2弦と1弦をあわせる

2弦5フレットのハーモニクス音が1弦7フレットのハーモニクス音と同じ高さなので、
2弦5フレットのハーモニクスを鳴らし、1弦7フレットのハーモニクスを重ねて鳴らし、ペグを回して音を合わせます。

 

全体確認・微調整

同様に何でもいいのでコードを鳴らして、きれいに鳴ってればOK!

 

感覚的に合わせるので、異常に鋭い聴覚と超絶的な音感でないかぎりチューナーで合わせるようなジャストな音にはなかなかならないですが、繰り返しチューニングを合わせることで音感が磨かれて、演奏中に「なんかチューニングがおかしいぜファッキン!」ってときもササッとペグを回してチューニング合わせちゃうこともできるようになります。

 

上記のレギュラーチューニングの状態で6弦4フレットの音に5弦を合わせてから同様の手順でチューニングを合わせれば半音下げチューニングになるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です